blogheader

今週の土曜日、日曜日に遊心の展望広場で星空観察会があります。ふたご座流星群がみられます。

連絡が遅れましたが、参加希望の方はご連絡ください。

天体観測会 in遊心 フライヤー

昨夜から粉雪が降り始め、夜中に起きた時には満月の月と雪景色のコントラストは凄く素敵でした。本当はもっと雪が降るんじゃないかと思っていたのですが約2cmの積雪でした。ちょっと残念かな!!

sDSC 5026

ふんわりした雪ではなくて、寒さのせいかシャリシャリした雪でした。でも、久しぶりの雪景色をしばらく眺めていました。遊心前にある七福神もうっすら雪化粧をしています。お泊りのお客様は喜んでいらして雪だるま作りに頑張ってましたよ。

sDSC 5031

動物の足跡もいろいろ見ることが出来ました。

sDSC 5032

三年前の雪ほどではないのでそり遊びは出来ませんでしたが・・・

sDSC 5038

展望広場からの雪景色と熊本市内の風景もきれいでした。

sDSC 5044

展望広場のお隣にはメタセコイヤの並木道があります。立ち入り禁止になっているので鎖の外側からの景色を眺めました。韓国ドラマに出てきた雰囲気に似ています。

sDSC 5046

車にも雪が積もっていました。ワイパーが壊れないように主人が窓から外してくれていました。

sDSC 5035

お泊りのお客様には、道路の雪が解けるまでお部屋でゆっくりしてもらいました。

 

恒例にしているNPO法人主催の吉無田緑の村での餅つきがありました。前日からばあば会のメンバーがもち米の準備をした餅を蒸らすことから始まります。

sDSC 4988

そば打ち体験は昨年私も体験しましたが、難しいですね。まずお水を入れながら丸めることから始めますが、なかなか一塊にはなりません。次に麺棒を使って伸ばすのですが、これも難しいです。

sDSC 4989

DSC 2430密にならないように、しめ縄作り班とそば打ち班とに分かれて体験をしました。しめ縄も立派な作品が完成しています。

DSC 2433

皆で搗く餅も楽しそうです。子供たちも頑張って搗いていました。

DSC 2436大人たちは、四人で乱れ打ちなどと言いながら楽しそうです多。

DSC 2444

最近、お泊りになるお客様に遊心本館から約400m上にある芝生広場をご紹介しています。ここからだと熊本市内が一望でき有明海を挟んで普賢岳がきれいに見えます。お天気がよければインスタ映えすると思います。

sDSC 4957

sDSC 4958

製作途中だった階段も100段完成しました。もうすぐ、悠遊ハウスからの遊歩道が出来上がります。

sDSC 4893先日、あさのやぶにあるりんどうポークを飼育している麻井農場から豚一頭(約60kg)を買ってきました。主人は、社員さんに切り分けてあげるため、川尻の包丁店より買ってきた包丁で切り分けることにしました。

sDSC 4967

部位の名前を書いていないとわかりません。

sDSC 4968

以前から計画していた鹿児島の出水と長島へいつものメンバー6人で1泊旅行に行きました。人の話を聞かないシルバーばかりなので、それぞれ自分の話をして相変わらずにぎやかな車中です。

芦北インターをおりて、まずは7月の災害で被災した「岩永醤油」さんの醤油蔵に行きました。玄関の2mほどに泥水の跡があり、水の勢いの怖さを知りました。

sDSC 4899

その醤油蔵の前には、佐敷城跡から出土した『天下泰平国土安泰』銘鬼瓦(熊本県指定重要文化財)があります。原寸の400倍の大きさで再現しています。京都府大江町の平成の大鬼瓦(高さ5m、重さ10t)を抜いて日本一の大きさだそうです。

sDSC 4896

次に向かったのは、芦北の山奥になる「ダ・ロープ亭」です。以前から気になっていたステーキ屋さんで、鉄板の上でお肉を焼いてくれます。お店は「ぽつんと一軒家」にでも出てきそうな山奥にあります。こんな細い道を誰が通るんだろうと言いながら進んでいきました。11時に予約を入れていましたが、駐車場にはもうたくさんの車がありました。

sDSC 4911

 お年寄り6人組なので、まずはひれ肉1kgをたのみました。

sDSC 4902

sDSC 4904すごくやわらかくておいしかったですね。このあと、厚切りのカルビとタンも追加して、運転手以外はおいしいビールもいただきました。お隣のテーブルでは若者5人で6kgの肉を注文していました。その食欲にビックリです。

途中、水俣のバラ園を見学しましたが、時期が終わりみたいで少しの花しか見ることが出来ませんでした。残念!!

sDSC 4913

sDSC 4914

今回の一番の目的である、出水の武家屋敷に行きました。せっかくなので牛舎に乗って案内してもらいました。

sDSC 4917

 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「出水麓武家屋敷群」内にある神社です。イチョウがきれいでした。

sDSC 4918

私たち6人を乗せてくれた牛です。案内の人が「黒毛和牛」ですと言われたのは、今お肉を食べてきた私たちにはちょっと違和感と罪悪感がありました。

sDSC 4928

せっかく出水まで来たのだから、有名なナベツルも見に行きました。こんなにまじかで沢山のツルを見たのは初めてです。

sDSC 4932 翌日は、阿久根市から黒之瀬戸大橋を渡り、国道389号線を指江方面へ向かうと目の覚めるような青い海原と海岸から山頂に向い営々と築き上げられた段々畑が見えてきます。ここが「上り浜・汐見の段々畑」です。自然の美しさと長年にわたる先人たちの労苦が生み出したやさしい風景です。

sDSC 4936

 黒の瀬戸大橋近くで昼食を頂きました。女性陣は海鮮丼、男性陣は刺身定食を注文しました。海鮮丼はお刺身がいっぱいでご飯にはなかなかいきつきませんでし、主人たちにはそれぞれ大きな鯛の煮魚がついていて、食べるのに苦労しました。1606722311834

仲間が一度行ってみたいと切望していた大型スーパーに行きました。敷地面積17万平方メートル(東京ドーム3.6個分)、売り場面積1.6万平方メートル(コストコとほぼ同じ)だそうです。一通り見て回るのは大変でした。

sDSC 4939

 

数百円の小さな部品からウン千万円する鍾乳石(購入者が気になる)まで取り揃えているとそうで驚きです。

sDSC 4938

この後、帰路に着きました。吉無田の居酒屋さんで反省会を予約していましたが、お昼に食べた食事がまだまだお腹にあり、注文した食事を皆死ぬ気(?)で食べました。

 

 

 

次に向かったのは、上天草市にある「リゾラテラス天草」です。4号橋を渡ったすぐにあります。最近話題になっているリゾート地です。日曜日なので大勢のお客様が来ていました。

s DSC 4686建物に入ると今までイメージしていた物産館とは違いおしゃれな空間に圧倒されました。

s DSC 4683主人は、思い切った構想がいいなあといろんな場所を写真に収めていました。今作業をしている芝生広場が頭にあるのか、私を見て何か言いたげでしたが、何を考えているのかわかるのでスルーしていました。

s DSC 4685

今日のお泊りは、本渡に入ってすぐにある「天草プリンスホテル」です。古いホテルでしたが、以前泊まった時のお料理が良かったので今回も予約しました。待望の伊勢海老付きの夕食です。

s DSC 4688このほかに、伊勢海老のグラタンとエビフライもありました。

翌日は、このホテルで人気の早朝ウォーキングに行ってきました。今回は花菖蒲が6月初めに満開になる西の久保公園へ行きました。公園まではホテルのバスで移動です。ホテルの職員さんが案内してくれます。

s DSC 4692 天草ではめずらしいもみじの紅葉も見ることが出来ました。

s DSC 4694その後、帰ってから朝食をいただきました。

ゆっくり海岸線をドライブしながら、帰りには有明の道の駅に寄り海鮮ちゃんぽんの昼食をとりました。

s DSC 4714リップルランドからみる雲仙普賢岳も、遊心から見る風景とは異なる景色にまた感動です。

s DSC 4709

忙しい合間のこの2日間は本当に充電できました。また明日から頑張ろうという気持ちになりました。

遊心では、GOTOトラベルを取り扱っていて、お客様にクーポンをお渡ししています。私も一度このクーポンを使ってみたくなりました。この時期天草で「伊勢海老フェア」をやっているとの情報を聞いてGOTOを使って行ってみることにしました。もちろん、主人を引き連れてです。いつもは、宇土から住吉・網田方面へ行くのを今回は不知火方面を通って行ってみました。途中、最近カントリーダンスでお知り合いになった田島さんがやっている「へグレン」に寄りました。

s DSC 4664

店名の「ヘグレン」とは、何と「珍妙な」を意味する熊本弁だそうです。とても明るい田島さんの作る料理は日本そばを焼いてその上にお野菜がたっぷり載ったランチでした。器や調度品も昔懐かしいものばかりで十分楽しめました。

s DSC 4666

s DSC 4662

そのあと、遊心の参考になるところだと主人が言うので上天草市にある「Marina Franping Village天草」に行きました。海を望むロケーションにトレーラーハウスが21台設置してあります。

s DSC 4676

広い敷地にトレーラーハウスが整然と並んでいる景色は壮観ですね。

s DSC 4670

まるで、外国のリゾート地に来たみたいです。BBQサイトもありました。お泊りの方全員がこの場所でBBQをすることになるのですね。

s DSC 4674

 続きは、また次回です。

 

最近主人が頑張っていることは、天空ハウスから悠遊ハウスにつながる道を作ることです。以前、悠遊ハウスからの階段を紹介しましたが、今日は天空ハウスからの通路の紹介です。

sDSC 4642

ボイラーの横から手すりを使って下に降りていくことが出来るようになりました。手すりも庭にあった木の皮を剥いで作りましたよ。芸術作品みたいですよね。

sDSC 4645

武骨な階段ですが・・・

sDSC 4643

主人は、土のうを積んで平場を作成中です。

sDSC 4640

だんだん、道らしきものが見えてきました。

sDSC 4647

頑張っている主人に声をかけて、私はお客様から頼まれたケーキを取りに御船の町中に出かけました。いつもお願いしている「シェールパパ」です。女性お一人でケーキを何種類も作られています。

sDSC 4664

お客様から頼まれたケーキです。

sDSC 4668

せっかくなので、今の時期しかないモンブランを食べて帰りました。

sDSC 4666

ちょっと、ほっとした時間になりました。

12月にはいると、とたんに冬らしい景色になってきました。日没も早くなり5時前から夕日が見え始めます。

s DSC 2739秋の日はつるべ落としというようにみるみる太陽が沈んでいきます。見えなくなってからは街の灯りが徐々に現れてくるようです。

s DSC 2743三日月も見えてきて、一人のんびりと眺めていました。

s DSC 2744友人が、この夕日を一人で見るのはもったいないので「サンセットカフェ」をしたらと提案されました。

 ところで、主人は忙しいと言いながら満点ハウス横にまた石積みを始めました。タイニーハウス作る算段をしているようです。二人用の宿泊場所として満点ハウスの大人数に対応できるようにするそうです。まあ、ぼちぼち体をこわさないように頑張ってください!!

s DSC 2752

s DSC 2754

ところで、昨日お洗濯ものを干していたらカマキリに遭遇しました。何か捕まえているなあと近寄って見てみたら、なんとカメムシでした。捕まえたのはいいが臭いなあと思っているのでしょうか?それとも大きな獲物をどうだと自慢したかったのでしょうか、じっと動かずにこちらを見ていました。

s DSC 2746

12月よりH31年3月末まで、喫茶の方は冬期休業致します。お宿の方は営業しております。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

12/9(日)九州中央自動車道の「上野吉無田インター」から「北中島インター」が完成しました。そのお披露目で高速道路を歩くイベントがありました。お天気もよく大勢の方が歩きに来られました。地元の「ばあば会」の方達がぜんざいの振る舞いをされていました。

これから遊心にご宿泊される方は、「嘉島ジャンクション」から「上野吉無田インター」で降りられるとずいぶん速くなりますよ。

遅くなりましたが、11月末は庭のドウダンツヅジの紅葉がきれいでした。特に夕日に映えたこの場所は最高でした。

この時期お泊まりされるお客様は、きれいな夕日と夜景に満足してもらえました。小さいお子さまがいらっしゃるときは、山羊のはなちゃんとゆきちゃんにおせんべいやりをしてもらいます。名前を呼ぶと走って寄ってきますよ。

青い家のベランダが完成しました。やっと戸外で景色を眺められます(柵がないと怖かったですから)

 

 

木立ハウスに薪ストーブを設置しました!!大きさはどうしようかと迷いましたが、主人が「大は小を兼ねるから」ということで天空ハウスに置いているのと同じ大きさにしました。窓が大きいので炎がよく見えて楽しめると思います。

煙突は主人が頑張って付けました。床下に置いている薪ももちろん主人の作です。

ストーブに入る長さに切って、大きいのは薪割り機で小さくします。

この時期、帰りが遅くなるといのししに遭遇します。先日はうりぼうの一団に出あいました。その後には、たぬきと狐を見かけました。本当にナイトサファリです。

遅くなりましたが、先月11月18日にありましたフットパスの報告です。今回はそば狩りとそばの実曳き、そして吉無田野菜を使った昼食会です。

まずは、そばの収穫

先に収穫して干しておいたそばの穂の部分を棒でたたいて実を落としていきます。

つぎに唐箕(とおみ)を使って

足踏みで脱穀した穀物を上から落として横から風を当て、軽い茎や葉などのゴミを吹き飛ばしていきます。重い実だけ下に落とすという単純な仕組みで風の力でゴミと実を選別する道具です。初めて使う道具に子どもたちは興味津津です。

寄り分けた実は少し体験で石臼を使って粉にしました。

昼食は、地元のお母さんたちの会(ばあば会)の方たち手づくりの料理です。豚汁と煮物やデザートなど・・・もちろん新米のおにぎりやお赤飯のおにぎりもありました。

食事後は、ミニコンサートも開催されました。

次回は12月24日(日)にそば打ち体験としめ縄づくり、そして餅つきをします。体力に自信のある方は特に参加をお願いします。きねで餅をつくのは楽しくもありますが、大変な作業です。

チェンマイの旧市街地を散策しました。タイのタクシーといわれるツクツクで移動です。だいたい100バーツ(300円)でどこでも行ってくれます。

ナイトマーケットにも出かけてみました。遅くまでにぎやかな市場です。ここでは値段交渉が楽しいです。

 チェンマイは古いお寺がたくさんあります。ちょうど京都みたいな雰囲気です。

 

信仰心が厚い人の多い国だと思いました。

 

 

旧市街と新市街を分けるターペー門です。

 

御船町商工会の部長さんから言われたことで、「一生懸命働いて空いた時間を見つけて遊ぶのが一番楽しいですよ」との言葉がよくわかりました。また、こういう旅行ができるよう頑張ろうとメンバーで誓いました。

サンデーマーケットに出かけました。朝食をここで取るためにいろんな惣菜を見て回りました。にぎやかな演奏もあって、心がウキウキしてきます。

マーケットで金魚が売ってありました。日本語の表記でザリガニのえさも置いています。

男性陣は、近くのホームセンターへ市場調査(?)へ、女性陣はタイ式マッサージへと向かいました。

日本のコイもいました。錦鯉というのは万国共通の言葉だそうです。

タイのマッサージは約2時間で400バーツ(日本円で1200円)安いですよね。でもすごくエアコンが効いていて、なぜかと思いチェンマイの友人に聞いたら、お客様のためでなく従業員がマッサージで汗をかくからだそうです。こういうところが日本と違うなあと変なところで感心してしまいました。

2年ぶりのチェンマイです。空港が新しくなっていました。ホテルのオーナーと再会を喜びました。懐かしい風景に気持ちが落ち着きます。

翌日は、チェンマイの友人の案内でホテルから約3時間の山へ向かいました。向かう先は広大なコーヒー農園です。途中、ドライブインに寄りました。温泉が湧いていて、温泉卵を食べました。(外国で食べれるなんて!!)

ドイチャンコーヒーというタイで有名なコーヒーです。

工場は、午前中操業していて、着いた時はコーヒー豆を水に浸していたところでした。作業工程を聞いていたら、大変な労働だと思いました。これからは大事にコーヒーを飲むことにします。

ペナン島では、吉無田メンバーのご夫婦が以前からショートステイで滞在していらっしゃるので案内してもらいました。スパイスガーデンというハーブがたくさんある植物園にバスを使って行ってみました。最初に切符を買います。おつりはくれないので小銭を用意するのが大変です。すごいスピードで運行するので、手すりなどにつかまっていないと降り落されそうです。

昼食はここのテラスで頂きました。

ビーチも見えて、お昼からビールを飲みながら最高の時間でした。

ペナンプラナカン博物館を見学しました。豪商の家です。いたるところに金の置物や高価な壺、貴金属が展示してあり、見ているだけで満腹になりそうな気分です。

次は、チェンマイに移動です。

ずいぶん久しぶりです。いい気候になった時からもう12月です。宿泊がひと段落するこの時期に吉無田メンバーでマレーシアのペナン島とタイのチェンマイへ行ってきました。いつもは、航空券とホテルを自力で取るのですが、今回は2カ国異動するので知り合いの旅行会社にお願いしました。チェンマイのホテルは以前から何度が泊まったことのあるホテルをリクエストしました。

まずは、ペナン島の記事から・・・

ジョージタウンの街なみもテラスハウスのように店が軒を連ねています。男性陣は”今にも倒れそうだ!とおしの柱をつかっていないから。”と建物の構造に興味がありそうでした。

ペナン島のジョージタウンは世界遺産になっている街です。通りに中国のお寺やキリスト教の寺院やイスラムのお寺が並んでいる不思議な街です。建物だけを見ているといろんな国を訪れている感覚になります。

また、ジョージタウンで有名な場所はストリートアートです。古い建物の壁に絵を描いてあり、一緒に映ると不思議な写真が撮れます。

針金で作ってあるアートもありました。

水上生活をしている街に行ってみました。同じ名字の人たちが一つの集落を作っているところです。

続きは次回に・・・

12/11にふっこう割を使って、天草へ泊りに行きました。夫は地震後始めてきたと言ってました。本当に忙しい8か月でしたからね。天草1号橋も新しい橋が出来つつあったり、幹線道路も徐々に出来ていました。有明町のリップルランドからみる島原も、吉無田からみるよりうんと近くに見えています。不思議な感じがします。

3号橋近くに「リゾラテラス天草」という新しい施設が出来ていました。おしゃれな雰囲気で、私たちおばさんにはちょっと場違いかも!?

遊覧船も出てきました。外国人の観光客が大勢乗っていました。気持ちよさそうです。

夕日がみえるスポットも用意されています。遊心でも作りたいですね。夫もいたく気に入って構造をしっかり観察していました。

天草プリンスホテルに宿泊しました。部屋食でゆっくりいただくことが出来、飲んでもそのまま休むことが出来る安心からか二人で飲みすぎてしまいました。翌朝は、ホテルおすすめの早朝ウォーキングに参加しました。ホテルの方が案内してくれます。車で行きすぎるだけの場所をゆっくり歩くのは本当に気持ちいいものですね。その後の朝食は本当においしかったです。

また、久しぶりに大江の天主堂を見てきました。高台にあって近隣の住民の方から大切にされている場所だなあという気がしました。近くに浮きを使ったくまもんも可愛らしかったです。

河浦を通っていたら、サンタクロースの案山子がありました。3月にかかし祭りをやっていた場所です。また、来年もお邪魔したいと思っています。

 

12/5に宮崎の新田原で開催された自衛隊の航空ショーを見に行ってきました。朝早くに到着したのですが、会場に入るにはチェックが厳しくてずいぶん時間がかかりました。

毎年この時期に開催されるそうで、大勢の人でにぎわっていました。

人だかりがしていたので、なんだろうと行ってみたら、ブルーインパルスに機上する隊員の方たちとの写真撮影があっていました。かっこよかったです!!

彼らが乗る飛行機も展示してありました。午後からはそのショーもあります。

身近で見る航空ショーは本当に見る価値があります。飛行機が通り過ぎた後の爆音は、おなかに響きます。

落下傘部隊が列を組んで降りる姿も見事です。

なんといってもブルーインパルスの飛行ショーは素晴らしかったです。

曇りの合間に青空が見えてきました。あまりのスピードに、飛行機を追いかけるのは大変でした。

いよいよ12月になりました。吉無田も下界(?)に比べると6°~7°ほど気温が違います。でもこの季節は、星空と夜景がきれいです。

ご連絡ですが、遊心の喫茶は12月から3月までは冬期休業になります。お宿の方は営業しておりますので、ご利用ください。

ところで、12月25日(日)に恒例の餅つき大会をします。今回の主催は「NPO愛郷吉無田準備会」がします。スタッフも沢山なので、楽しいイベントになるかと思います。ご参加をお待ちしてます!!