blogheader

 

昨日の日曜日に人吉方面へドライブに出かけました。目的地は、以前新聞に載っていた錦町にある「秘密基地ミュージアム」です。

目的地の前に山江村フットパスMAPに載っていた奇岩コースを恥ずかしながら車で回りました。

山江村フットパス

カエルの置物に似た石です。説明書きが無いとちょっと想像できませんね。

s DSC 7574

s DSC 7575

滑りそうになりながら坂を上りました。次に向かったのは、ハナグリ石です。

s DSC 7577

牛の顔に似た石でした。縄を通してあるので牛に見えますよね。

s DSC 7579

最後に亀石を探しました。

s DSC 7580

亀に見えなくもないけど・・・

s DSC 7581

お昼を過ぎたので食事処を探しました。錦町のミュージアムにちかくにある「喜楽苑」がおいしそうだったので行ってみました。

おすすめは何ですか?とお聞きしたら熟成された豚肉の厚切りとんかつですとのことだったので、二人ともそれを注文しました。とんかつの柔らかさにびっくりでした。もちろんおいしかったですよ。

s DSC 7583

 喜楽苑から5分の所に「秘密基地ミュージアム」があります。このミュージアムは太平洋戦争末期の1943年に人吉海軍航空基地として九州山地にかこまれた、海のない人吉盆地につくられたそうです。

s-DSC_7586.jpg

玄関を入ると最初に目につくのはオレンジ色の飛行機です。これは戦闘機ではなく、練習機の実物大模型です。訓練生が乗っているので「まだ練習中です」と目立つようにオレンジ色に塗ったそうです。愛称は「赤とんぼ」といいます。若葉マークみたいなものです。ここまでは、撮影OKでした。

s DSC 7587

館内を見学後、ガイドツアーの方と一緒に多数の地下施設などを案内してもらいました。

s-DSC_7596.jpg

相変わらず、主人は石材に興味があるようでした。

s-DSC_7594.jpg

ここには多い時で数千名の訓練生が寝泊まりをされていたそうです。

s-DSC_7597.jpg

練習機の羽根を外して格納庫の役目もしていました。

s-DSC_7598.jpg

ガイドさんの案内でタイムスリップしたような体験が出来ました。s DSC 7599

 

 

3連休が始まっています。コロナ禍の中で遊心の宿泊形態も変わってきました。グループから家族連れに移行しています。

いらっしゃるお客様は、子供たちをどこにも連れて行っていないので、ここだったら自分たちだけで楽しめるから伺いましたとおっしゃる方が多いです。

だからでしょうか、主人が張り切って展望広場の整備に頑張っているのは!?

雪の中頑張った東屋が完成しました。この中にどんな椅子を置こうか今思案中です。

s DSC 7505

ブランコも出来上がりました。これから注意書きを書いて設置する予定です。

s DSC 7515

まずは、主人が初ブランコです。不具合を確かめるためかな?でも楽しそうですよ。

s DSCPDC 0002 BURST20220211162851307

その後、斜面に植木を植林しました。急斜面なので見ている私が怖いです。

s DSC 7513

朝起きたら、あたり一面真っ白でした。吉無田に来た当初はすごく積もった雪景色が見られたのですが、ここ数年はうっすらとした雪景色しか見られません。でも、この景色は寒さを忘れさせてくれますね。2階のベランダから見た風景です。

s DSC 7487

s DSC 7488

和風ハウスに行くアプローチも雪に覆われています。

s DSC 7489

この寒さの中、主人は会社に行く前に気になっている展望広場の東屋の作業を始めていました。頑張るなあ!!

s DSC 7492

展望広場からの雪景色もいいですね。

s DSC 7494

2022年の2月4日は立春です。一年で最も寒い時期ですが、暦の上では春が始まります。朝起きたらうっすらと雪が積もっていました。やはり2月は一番寒い月ですね。

s DSC 7455

s DSC 7460

この寒さの中でロウバイの可憐な花が咲き始めています。

s DSC 7457

モクレンの木にも蕾が沢山ついていました。暖かくなったら沢山の花を咲かせてくれるのでしょうね。この寒さの中で頑張っているようで、つい「頑張れ!!」と応援してしまいました。

s DSC 7458

天空ハウス入口にフキノトウを見つけました。確実に春はそこまで来ていますね。

s DSC 7473

 

 

日曜日に時間が出来たので、久しぶりに人吉方面へドライブに出かけました。名刺のネタ探しも兼ねてです。

また、主人が構想している建物のヒントになるという「HASSENBA」も立ち寄る予定です。

まずは、人吉市下原田町にある石山寺へ向かいました。人吉球磨地方最古といわれる石造りの眼鏡橋や巨大な岩石をくり抜いた山門がある寺です。

s DSC 7444

橋のたもとには桜が沢山ありました。きっと春には美しい桜を見ることが出来るのでしょうね。

s DSC 7442

山門は、石をくり抜いてあります。どうやって作ったのか不思議な門です。

s DSC 7439

お昼は、人吉で人気のちゃんぽん屋さんへ行きました。普通の住宅街にある普通の家でお商売をされています。「ま心」というお店です。やっと探していったのですが、お昼を過ぎていたのにお客様は多かったですね。

s DSC 7437

あっさりした鶏がらスープでした。キャベツともやしがシャキシャキしていて美味しかったですよ。

s DSC 7436

次の目的地である「HASSENBA」へ向かいました。球磨川くだり発船場を新たな複合施設として造られたそうです。ここは豪雨災害で壊滅的な被害を受けた球磨川くだり発船場から、復興に向け新しい人吉を「発見」「発信」し「発展」させられるランドマークとして皆さまに愛される存在として「HASSENBA HITOYOSHI KUMAGAWA」と名付けられたと書いてありました。

和洋折衷の面白い外観です。

s DSC 7446

川に面したテラスもおしゃれです。主人が展望広場に建てる予定(?)の構想にと、また私に見せて納得されるための下心だと思われました。

s DSC 7451

黒で統一されたテラスはスマートで都会的(?)です。

s DSC 7450

遊心から見える景色で一番は夕日です。年間を通してきれいな夕日が見られます。

sDSC 5219

ハナちゃんとユキちゃんも見とれているのでしょうか。なんだか哲学的な顔をしているみたいです。

sDSC 5302

2月初めには雲海も見られました。

sDSC 5198

sDSC 5199

お天気のいい日はきれいに普賢岳が見えます。

sDSC 2110

夏になると雨雲から雨が降っているのも見ることが出来るんですよ。ああ!あの辺りはにわか雨が降っているんだなあとわかります。

sDSC 2247

でも、夕日が最高ですね。一日の疲れが吹き飛びます。ついつい写真をたくさん取ってしまいます。

sDSC 2087

sDSC 0211

DSC 4412

夕日がピンク色に見える日もありました。

sDSC 2235

こういう夕日をお客様にも見ていただきたいです。また、夜景も素敵ですよ。本当は肉眼で見る方がもっと感動していただけると思います。

sDSC 5259

 主人が作業中に撮った夕日です。刻々と変わっていく景色が良くわかります。徐々に熊本市内の夜景が見え始めていますね。

DSC 2512

DSC 2513

DSC 2514

今、主人が頑張っていることは、新しいヤギ小屋を作ることです。ハナちゃんたちの小屋や柵は8年前のものなので、古くなった柵から時々脱走しています。早急に作る必要になりました。

sDSC 5211

この周辺に柵を設けて、ヤギたちの広場にする計画です。

sDSC 5213

 レベルを当てながらの作業で、立派な小屋が出来そうです。

sDSC 5301

sDSC 5303

今日の作業風景です。屋根が出来始めています。

sDSC 5307

17,18日の寒さは堪えましたね。これが最後の寒さであってほしいです。

sDSC 5278

1月の雪に比べると少ないですが、寒さは半端なかったです。路面も凍っていて歩くのも怖いくらいでした。でもスタッドレスをつけた車で100m下に降りると全然雪が見当たらず気が抜けました。

sDSC 5280

展望ハウスには見事なつららが見られました。

sDSC 5288

落ちてきたら怪我しそうです。

 

sDSC 5286

 でも、今日20日は一転して暖かい一日になりました。庭の白い小梅も咲き始めました。小さい花が可憐です。いよいよ春が訪れ始めています。これからは春を探してみることにします。

sDSC 5304

sDSC 5305

天空ハウス玄関にいつのまにかふきのとうが出ていました。気づくのが遅くて天ぷらには出来そうもありません。

sDSC 5313

前回お知らせしていました吉無田の野焼きが日曜にありました。前日の雨でなかなか火がつかず大変だったようです。また、いつもと違った風向きで火入れをされる方達を悩ませたと聞きました。

まずは、風向きを見てどの場所に点けるか話し合いをします。

1

 

2

風の勢いもあって燃え始めました。

3

バチバチと枯れ草の燃える音は迫力があります。

7

辺り一面、真っ黒になっていきます。この後、新緑がきれいな草原になります。ゼンマイや蕨の宝庫です。

遊心にも春の訪れを知らせる「ふきのとう」が出てきました。

4

早速収穫して天ぷらにします。ほろ苦い味は旬を頂く食材ですね。

5

吉無田に初雪が降りました。例年になく遅い雪です。通常だったら年内に一度、2月に一度と積もりますが、今年は無いのかと思っていました。

でも、降雪量も少なく大きな雪だるまは作れませんでした。s DSC 3179

遊心入り口も1cm程積もりました。昨日からの降り始めはうっすらでしたが、一夜明けたら一面の雪景色です。

s DSC 3181

 

s DSC 3192

3年前は、そりすべりが出来るほど積もったのですが・・・

遊心前の七福神もうっすらと雪化粧をしています。

s DSC 3188

この七福神の前や満点ハウスの庭にイノシシらしき足跡が沢山ありました。

s DSC 3190

 

s DSC 3199

でも、この雪も今日明日までのようです。これが溶けたら本格的な春がやってきますね。

今年も、恒例の吉無田の野焼きがあります。また、今年は見学だけでなく火入れに参加していただくことも出来ます。

豪快な炎をまじかに見てみませんか?

s2020

1月は、暖かい日が続きました。このまま春になってしまうのかと思っていたら、昨夜は氷点下の気温になりました。やはりこのまま暖かくはならないようですね。2年前のように水道管が凍ってしまわないように全棟暖房をつけました。

でも立春を迎えると遊心にも春の気配が感じられます。梅やロウバイに花が見られるようになりました。

s DSC 3095

 

s DSC 3102

ピンクの花を咲かせるモクレンにもたくさんのつぼみが見られます。今年はいっぱいの花が見られそうです。

s DSC 3103

満点ハウス横の石積みも大詰めを迎えています。主人は今、この上に建てるタイニーハウスの設計に頭を悩ませています。なにしろ、おもしろい建物を建てるそうですので・・・

s DSC 3105

1月は暖かい日が多かったですね。このまま暖かくなるのかと思ったら、昨夜は氷点下の気温になりました。

水道管が凍らないように全棟暖房を付けていました。

でも、立春を過ぎたので遊心の木々も春めいてきています。

梅やロウバイに花を見つけることが出来ます。

s DSC 3095

s DSC 3102

また、ピンクの花を咲かせるモクレンにもつぼみが来ています。今年は沢山花を咲かせるようです。

s DSC 3103

主人が作っている石積みも大詰めを迎えています。最近は、この上に立てるタイニーハウスの設計に日々頭を悩ませています。おもしろい家を建てたいようですね。、

s DSC 3105

イベントのチラシが出来上がりました。春になると色々な催し物が出てくるので楽しみです。特に春の野焼きは、近くで見るとその迫力にびっくりしますよ。

新年のあいさつをしないうちに2月になってしまいました。年賀状にも書きましたが、今年もしっかり働き、そしてしっかり遊ぼうと思っています。そうそう、大事なことは、遊心だよりを遅れることなく書くことです。

ところで、今年の冬は暖かく、例年の2月でしたら雪が積もる時もあるのに、うっすらだけ雪が残っているのを見るとなんだか吉無田の景色ではない気がします。

元旦には、久留米の成田山に参拝に行きました。熊本は曇りで初日の出は見れなかったと聞きましたが、基山のサービスエリアで見ることが出来ました。

南阿蘇の道の駅「あそぼうの里」では、凧あげをして遊ぶ子供たちでにぎわっていました。お正月の風景を楽しめました。草千里を通っての、米塚もいい景色です。

暖かい日が続くせいか、庭の木々にも花が咲き始めています。小梅とロウバイの小さな花は可憐ですよね。

もう、ふきのとうが出てきているのにはびっくりしました。

先週末は、ひさしぶりに2階のテラスでゆっくり夕日を眺めていました。ちょうど、飛行機とカラスが見えていて、ちょっとした風景写真になりました。

今週末25日(日)に吉無田高原の野焼きがあります。下の写真は一昨年のものですが、近くで見ていると炎と枯れ草の燃える音で大迫力です。昨年は雨の為ありませんでしたが、お天気であれば行われます。ぜひ一度見に来られませんか?

ところで、例年どおり今年も吉無田高原のフットパスが開催されます。好評をいただいている山菜てんぷらとイノシシ肉の焼き肉(ジビエ料理)もあります。吉無田のおいしい空気の中で食べる取れたての山菜てんぷらは最高ですよ!!

寒さも一段落したようです。今朝はお天気も良く、遊心の遠景写真からもだんだん春が近づいてくるのがわかります。

先週は、木立ハウス横に完成したBBQハウスで、いつものメンバーと焼き肉をしました。自分たちで使ってみて不具合がないかの点検(?)です。写真では、お鍋をつるしていますが、それを取り外せば焼き肉ができます。もちろんお鍋もOKです。冬場でも十分暖かいですし、また窓には網戸も付けているので虫が寄ってくる心配もなく、夏場でも快適だと思います。

ところで、柴犬のりゅうちゃんは毎朝主人と一緒に会社に出勤(?)しています。遊心から会社に行く時は、車のドアを開けるとすぐに飛び乗ってきますが、会社から帰る時なかなか車に乗ろうとしません。会社の社員さんがいっぱい遊んでくれるからでしょう。お昼になって疲れてくると主人の横で無様な格好で寝ています。

今年の冬は例年になく厳しい寒さが続きます。雪もよく振りましたが、戸外の水道にもつららが見受けられます。

この寒さも週末には和らぐとのことです。早く春が来たらいいのにと今回はつくづく思いました。でも、この寒さの中での夜景や星空は絶品ですよ。100万ドルの夜景とはいかないまでも見とれてしまう景色です。

木立ハウスに隣接しているBBQハウスが出来上がりました。靴を脱いで上がって座る掘りごたつ式のテーブルなのでゆっくりくつろげると思います。

次に主人が構想しているのは五右衛門風呂の部屋です。お客様自身が薪を炊いて沸かしていただくお風呂です。さびれた感じにする予定が、いつもの棟梁が張り切って造っているので立派な建物になりそうです。

初めて、ヤギのはなちゃんと柴犬のりゅうちゃんの対面です。りゅうは吠えながらはなに近づいていきますが、はなは相手にもしません。

りゅうは和室の部屋に入らせないようにしていますが、すきを狙って入ろうとします。ほふく前進であたりを見回しながら入る姿には叱る前に笑ってしまいます。

昨日の夕日もきれいでした。天空ハウスにお泊りのお客様が5時半ごろの到着だったので、早く来られたらいいのにとやきもきしていました。

囲炉裏ハウスのベランダも着々と改装進行中です。天空ハウスや展望ハウスを作られた大工さんが頑張ってくれています。

3月26日(日)に開催するフットパスの予定表が出来ました。毎年好評です。春近い高原を散策しませんか?

 

遊心母屋横に新しい駐車場が完成しました。これで、階段を使わずに遊心喫茶部へ行くことができます。

この駐車場から右側にただいまアプローチ作りに励んでいるのがオーナーです。毎回何か新しいことを計画しては「忙しい、忙しい」を連発しています。

朝夕はまだまだ寒いですが、庭のリンゴの木に花が咲き始めました。いよいよ春が近くに来ています。

ところで、ただいま囲炉裏ハウスのベランダを改装中です。以前の倍近く広いベランダになる予定です。