blogheader

最近の主人の関心は、展望広場の開拓(?)です。広場奥の100段の階段から林の遊歩道を通って、道路へ出る道を整備中です。

DSC 6190

この芝生広場から見える景色をお泊りの方に見てもらいたくて、毎日朝5時から一仕事して会社に行っています。年のせいか、最近は疲れたという言葉が多くなってきました。

DSC 6209

この広場の芝刈りも大変です。1時間かけてきれいにしています。まだ、作業前の写真ですが・・・・

DSC 6211

お城の石積みのような高さを頑張って積んでいます。頭を使いながらの作業だそうです。

DSC 6302

そばでは、地元の人に手伝ってもらって新たに芝生を貼っています。。

DSC 6304

高台一面に芝生が貼られるときれいですね。

DSC 6310

主人が作った階段や芝生下の石積みが映えてきましたね。

DSC 6323

今、棟梁が浴室の土台になる丸太に銅板を張る作業をしています。

DSC 6324

近くで見ると大きさがよくわかります。

DSC 6326

この穴に先ほどの丸太が建てられる予定です。

DSC 6327

夏のイベントの続きです。

8/17には、マウンテンバイクのイベントがありました。参加者は、地元のお肉を楽しみに来られる方がたくさんいらっしゃいます。

主人たちは、毎回BBQの係りです。今回は、ドラム缶で作ったBBQコンロで豚肉の塊を2時間ほどかけてじっくり焼き上げました。

s DSC 2120

余分な油が落ちて見るからにおいしそうでしょう。もちろんちょっと試食しましたが通常のBBQと違ってお肉の味がしっかりしています。 

DSC 1649このドラム缶BBQは、遊心でも出来ます。事前にご連絡いただければ準備します。塊肉もご連絡いただければ地元で飼育している肉をご用意できます。

DSC 1650

今年の夏は、例年になく大忙しでした。というのも今年より新たに2棟が増えたからです。大人数に対応できるため毎日掃除洗濯に明け暮れていました。幸い、吉無田は朝夕涼しくて、ぐっすり眠れるせいか疲れが残ることなくこの夏を乗り切れました。

吉無田のイベントも盛りだくさんでした。まず、7月6日のトレイルランの開催は、前日までの台風の影響を受けることなく大にぎわいでした。 

201901主人たち「愛郷吉無田」のメンバーの出店もにぎわいました。走った後の冷たいスイカがおいしそうでした。

 

201903

次に8月3日の吉無田高原夏祭りは、地元のみなさんの協力で例年この時期に開催されます。町中のお祭りと違って手作り感満載です。また、花火は地域の方の協力で頑張ってあげてくれます。事前に講習会にも参加しています。

今年は、カントリーミュージックの音楽もあり、テンポのいい曲についつい踊り出したくなります。

DSC 1643

夕暮れになると、高原に竹灯籠がともります。この中で、ビエントのオカリナはすごく雰囲気にマッチして幻想的な風景になりますね。DSC 1645最後は、花火です。朝から準備された努力の結晶(?)の打ち上げです。涼しいところで見られるなんて最高ですよ。もっともっと多くの人にこのお祭りを知って貰いたくなります。

DSC 2080

s DSC 2063

今週(4,5日)来週(11,12日)は、イベントのお手伝いのため遊心喫茶はお休みします。

土曜日の吉無田高原のお祭りは、涼しいところでビエントのコンサートや花火を楽しめますよ。焼き鳥や焼きそばなどビールに合うおつまみは地元のお母さんたちが作っています。

8月12日に開催される御船町のお祭りの花火は特に見ごたえあります。

またまた、主人が何か新しいことを計画しています。知らない間に五右衛門風呂をネットで買っていました。どうするのかと思っていたら、「宿泊の方が自分で薪を焚いて入ってもらうスペースを作る」とのこと。忙しいと言いながら毎朝早くに起きて少しずつ作業をしています。順次進捗状況をお知らせします。でも、この重たい鉄製のお風呂をどうやって運んできたのやら・・・・・

 

夏もそろそろ終わりになりますね。昨日はアスペクタでハワイアンのイベントがありました。ビアガーデンと記載してあったので、お祭り好きの吉無田メンバーで出かけてきました。

まずは、ビールと出店している友人が作る焼きそばで腹ごしらえ!!

小錦のウクレレと奥さまの歌で心地いい夕暮れのひと時でした。もちろん我々は、最前列でノリノリで楽しみました。

もっと早い時間だったら沢山のフラの踊りも見られたのに・・・

アスペクタから見える夕焼けもきれいでした。午前中雨が降り人出が少なかったのが残念でした。””また、来年も計画するよ””と小錦が言ってくれたので楽しみが増えました。この時期のアスペクタは最高ですよ。のんびり芝生に寝転がりながら雲の流れを見るのは日頃の喧騒を忘れてしまいます。

 

昨日は、御船町の地蔵祭りがありました。商工会婦人部としてそうめん流しやスタンプラリーの商品出店のお手伝いをしてきました。先日のがあーっぱ祭りなど地元の子供たちが楽しめるイベントが沢山あります。夏バテする暇がありません。

ソフトクリームとジュース販売の担当メンバーです。

ソーメン流しは、取りこぼしがないように流すのは難しそうです。

人出が少なく見えますが、夕方になると子供たちが沢山来てくれました。青年部の方たちは、おばけ屋敷を作って呼び込みをしていました。

以前、遊心便りでも案内していました「森の学校」が開催されました。大勢の方が来られて盛会でした。普段通れない場所を営林局から許可をもらいコースに利用しました。周辺の地図は、この石に刻んであります。

お天気が良くてスタッフ一同まずは一安心です。林道の散策風景です。

途中、藩有林での幹回り計測ゲームをしました。

樹齢150年の杉の木を使ったコースター作り。香りがいいので木くずを持って帰られる方もいました。お風呂に入れるそうです。

昼食は、地元産の食材を使ったお弁当です。これに吉無田水源米のおにぎりもありました。

アトラクション(1?)として、チェンソー操作の実演もありました。操作しているのは男性ですが、この方のお母様も山仕事をしているきこり(?)です。

御船町商工会長と役員さんで水源近くの九十九折(つづらおり)トンネルが出来るまでの紙芝居をしてくれました。

来られた方が喜んでくれたので、準備や計画したスタッフも一挙に疲れが吹き飛んだ気がしました。次回は11月ごろに計画しています。決まりましたら遊心便りでお知らせします。お楽しみに!!

 

やっと、お盆の時期が終わりました。たくさんのお泊りの方に来ていただきました。主人は、お客様と毎朝駐車場に6時集合で、クワガタやカブト虫とりで活躍しました。今朝も、お泊りの方が取れなかった場合に備え、捕まえてきました。カブトムシ2匹とクワガタ1匹です。

ところで、駐車場横のごみ箱に燃えるごみを捨てに行くと思いだすことがあります。以前、主人がこの箱の中に閉じ込められたことがありました。ごみ箱の中を掃除していた時に風で扉が閉まり鍵もかかってしまいました。幸いなことに上にも扉があり無事脱出できたそうです。その時私がいればシャッターチャンスだったのに残念です。後日、その話をする時に「お前だったら絶対出れなかった」と偉そうに言います。私は、「そうだね」といいながら、心の中では「私だったら絶対そんなマヌケなことはしないよ」とつぶやきました。

一昨日の御船の夏祭りでは、スタッフとしての参加でしたので、全然飲むことが出来ませんでした(!?)。昨夜は、近くの村祭りがあり、ここでは大いに楽しむことが出来ました。小さい集落のお祭りですが、県外から帰ってこられた人が久しぶりの再会を楽しむ場所でもあります。

地元の芸人(?)が多数参加して大いに盛り上がりました。

昨日は、御船町の夏祭り「がぁーっぱ祭り」がありました。私も商工会婦人部の一員ということで食品販売のお手伝いをしました。「がぁーっぱ」とは、地元で河童と言う意味です。昔、かっぱが御船川に住み着いていたと言う伝説が由来です。午前中に子供みこしや山車がでました。さすが、恐竜の町ということでこの山車です。

商工会青年部の方たちも祭りをもりあげるために衣装を着て参加です。

子供たちの元気な掛け声には暑さも忘れてしまいます。

もちろん主役のかっぱも登場です。

私たちのブースの風景です。まだ、昼間なので人はあまりいませんでしたが、夕方からは大変な人出で夜の花火が終わるまで大忙しでした。

夜になると、いろんな地区の方の出し物がありました。商工会からももちろん出ました。商工会の理事の方は芸達者な人が多くていつも楽しませてもらいます。

最後は花火です。3000発の花火は近くで見ると圧巻です。

台風接近のすごい風のため、楽しみにしていた吉無田高原の夏祭りが中止になりました。出店の看板は次回に使うことにします。

そこで、残念会と称して遊心の2階でいつもの宴会をしました。風が強いおかげで普段とは一味も違う素晴らしい景色が眺められました。まず、東の空に見えた虹です。

西の空は、日が落ちて普賢岳に雲がかかってまるで噴火しているように見えます。 

夕日で空が真っ赤に染まっている景色は何とも言えません。

ながながと宴会が続くと、熊本市内の夜景が見えてきました。特に昨夜は、嘉島町と宇城市の花火が小さいですが見えました。両方同時に見られるなんて最高だ!!とは、酔っぱらいの言葉です。

台風の影響からか、昨夜の夜景は久しぶりに大変きれいでした。お泊りのお客様がいらっしゃったので楽しんでもらえたと思います。今朝は、また普賢岳がくっきりと見えています。主人が伸びすぎたクヌギを切ってくれていたのでさらによく見えるような気がします。

昨日は、全国の商工会女性部会長が御船にお見えになりました。せっかくなので商工会前にある池田印刷所を紹介しました。ここは、熊本でも珍しい活版印刷をされている所です。作業所に入ると懐かしいインクのにおいがしてきました。

「活版印刷」とは、活字を組み並べて作った印刷用の版を使って印刷する方法です。「活版」とは「活字版」のことです。凸版印刷の一種だそうです。足早に見学したので、次回は詳しく説明してもらいに行ってきます。

細かい活字が、きれいに並んでいますが、熊本地震の時にはこれがすべて倒れてしまい、元通りにするのが大変だったそうです。ボランティアの方の協力でこのように元通りに出来ましたとおっしゃっていました。

印刷の機械です。時代を感じさせる重厚なものですね。

当たり前ですが、すべて反対の文字になっています。活版印刷で作った名刺は、文字が少しくぼんでいて温かみのある作品になっています(次回、載せます!!)

前回写真を載せたゆうすげは、やはり名前の通り夕方に花が咲きました。可憐な花です。

主人は、朝早くから伸びすぎたクヌギを切っていました。展望ハウスからの眺望が悪くなっていたのでお願いしていたところでした。

はしごを最大にのばして作業するのは大変ですよね。私は、展望ハウスのベランダから「もっと右、もっと左」と指示を出す係りです。

中央の高いクヌギは、次回切るそうです。ずいぶん展望が良くなったでしょう。涼しい風も通るようになりました。

今週土曜日に2年ぶりで吉無田のお祭りが開催されます。今回は、私たち『吉無田自然親交会』のメンバーも出店します。主人は、花火の係りで頑張る予定です。お祭りが終わるまで、ビールが飲めないのがつらいなあと愚痴をこぼしていますが・・・・

涼しい吉無田で、のんびりとコンサートや花火を見るのは楽しいと思いますよ。ぜひ、お越しください。

新しい貸別荘が完成しました!!

まずは、玄関です。 施工管理のK さんがおもしろい発想で照明を取り付けてくれました。

リビングと自慢の照明です。

和室です。畳が面白いでしょう。

洗面所とお風呂場です。浴室に浸かりながら夜景が眺められます。

寝室とまたまたご自慢の照明です。

次回は図面を載せたいと思います。

主人は、今朝もまたはやくからクヌギの枝を切る作業をしています。二階のテラスからの眺めが悪くなってきたので見晴らしが良いように切るそうです。長い梯子を使っての作業なので見ている私の方が怖いです。

おかげで景色が一望できるようになりました。茶畑もみられます。今日はめずらしく普賢岳や天草上島も見えてますよ。

また、木陰にハンモックもつけてくれました。気持ちいい風が吹いていてお昼寝には最高ですね。私が乗っても大丈夫なので誰でも利用できますよ。「トドが寝てるかと思った!!」とはなんて失礼なダンナでしょうか・・・・

遊心下の広場に広い柵をして放していたハナちゃんたちが脱走しました。近くで鳴く声がするなあと思っていたらアプローチの木の葉を食べていました。ギボウシの葉が一番好きらしくて食べつくされていました。無残な状態のギボウシの姿が一杯です。

今朝は主人が時間を作って周辺の草刈りをしていました。これからの季節はすぐに雑草が伸びるので作業が大変です。

頑張ってくれた成果です。展望ハウスへのアプローチがきれいになりました。

リンゴの花がきれいに咲いていました。昨年はすももの大きさのリンゴが数個なりましたが、味は・・・・

では、天空ハウスの状況です。外壁の窓に白い縁取りがつき、赤い壁によく映えます。

ベランダもここからみると本当に宙に浮いているみたいですよ。

テラスの柵に強化ガラスが入りました。

また今日は、棟梁たちが天空ハウス横に作るBBQハウスの段取りを相談していました。また、張り出した部屋を作るそうです。

 

一昨日の台風はすごかったです。午前3時頃から強風が吹き荒れて、6時過ぎまで続きました。吉無田に来て初めて恐怖(?)を味わいました。風の音でなかなか眠れません。家ごと吹き飛ぶのかと思うような音です。一夜明けると周りは折れた枝や倒れた木でいっぱいでした。

遊心の看板も危うく飛んでいくところでした。

駐車場のひめしゃらも倒れ、玄関前の通路にも折れた枝が落ちていました。

秋に紅葉が二階から眺められるもみじも根本から折れてしまいました。本当に残念です。

展望ハウスに通じる道にも折れた枝があります。また、BBQハウス隣の桜も倒れてしまいました。

遊心の敷地内も数多くのくぬぎの木が倒れています。これを片づけてしまうのはしばらくは大変でしょうね(オーナーが・・・)

 

 

先週の月曜日17日に、高森の風鎮際に行ってきました。昨年も行って楽しかったので・・・・

メーンの広場では、地元の方たちの出し物が多数ありビールを飲みながら観覧しました。

楽しい踊りも見ごたえがありました。私たちは椅子を舞台正面に持って来て、やんやの掛け声で踊りに花を添えました(?)

熊本で人気のくまもんも来ていましたよ。

通りには屋台も数多く出ていて、祭り気分は最高です!!

肥後にわかをされているグループもいて、楽しませてくれました。

最後は、夏の夜空に響く花火を見て帰りました。

でも、このまま帰るのは名残欲しいと全員でカラオケに移動~~

結局、吉無田に帰りついたのは午前一時でした。

 

遊心より約1km先に新たに貸別荘が出来ました。15年前からカフェをされている「風香」さんが同じ敷地内に造られました。随所にオーナーのセンスが光っています。

外観及びBBQ用のテラス:小鳥の声を聴きながら朝食をテラスで食べるのもいいですね。もうすぐテーブルも出来る予定です。

リビング及び台所:西側からは涼しい風が吹き抜けます。

お風呂、脱衣場

台所横のパウダールーム:ミラーや壁の絵も素敵です。いろんな場所に絵を飾られています。ゆっくり見てほしいです。

寝室になる和室(まだ、除湿機が置いてありますが・・・)畳が変わっていていいでしょう!二階にはフローリングの部屋があります。

玄関よりリビングを望む:灯りも部屋ごとに考えて付けられていますね。

看板は、先日の焼きそばで活躍された高森の F さんの作です。大人数対応なので、グループにはいいかと思います。

お問い合わせ番号:風香 096-284-2824