blogheader

平日は、熊本市内の仕事場へ行っていますが、休日は遊心での作業が目白押しです。昨日土曜日の午前中は、観光協会のボランティアで公園の草刈りでした。日曜日は、朝から収穫していたソバの実を唐箕(とうみ)を使って作業をしました。とうみとは、風力を起こして穀物を 籾殻・玄米・塵などに選別するための農具です。昔は足踏みで風を起こしていましたが、今は電気で作業ができます。干して乾燥させたソバの実です。

DSC 6959

作業にはお手伝いの人が必要です。二人で頑張ってやっていました。

DSC 6963

DSC 6961

その後、やぎ小屋の修理です。柵の外の草を食べようと、よくハナちゃんが網から顔を出して角がひっかかり抜けなくなります。その補強をすることにしました。おとなしいゆきちゃんは、主人が好きでついて回ります。

DSC 6966

数年前に吉無田メンバーで植えたもみじが色づき始めました。仕事の行き帰りに日々色が変わっていくもみじを見るのは楽しみです。

sDSC 4638

sDSC 4602

sDSC 4598

遊心上で今整備中の芝生広場にテーブルといすを置きました。会社で購入した精密機器が入っていた木箱です。とりあえず休憩用に置くことにしました。いずれ考えて芝生に合う椅子を置こうと思っています。

sDSC 4603sDSC 4604

ここから見下ろしたところに階段が製作中です。もうすぐ平地に到達予定です。

sDSC 4606

ところで、先週高森の友人のそのまた友人の所に食事に行きました。馬小屋を改装してお店にされています。赤牛の牛丼を頂いてきました。馬小屋だったとは思えない風格のある玄関です。

s1604784790787

s1604784786388

玄関に猫ぼく(縄(なわ)で編(あ)んだ厚いむしろ)が敷いてありました。田舎のおじいさんの家に来た気分です。外のテーブルでいただいた牛丼もおいしかったですよ。

sDSC 4583

遊心へ行く途中のもみじも色鮮やかになってきました。主人たちが吉無田周辺には紅葉する木がないと4~5年前植えました。ずいぶん大きくなりこの時期楽しませてくれます。

s DSC 2699

s DSC 2701遊心の庭に植えたもみじやどうだんツツジも夕日に染まり、見とれてしまうほどです。

s DSC 2711ヤギのはなちゃんとゆきちゃんを久しぶりに散歩させました。主人を見ると寄ってきて甘えます。

s DSC 2706

そばの収穫後の畑を耕して、来年鑑賞出来るように菜の花を植え始めました。黄色い菜の花が2Fから見えるなんて楽しみです。

s DSC 2709昨日は、午前中雨が降っていましたが、午後から晴れて来て普賢岳が雲の間から見えてきました。青空も見えて不思議な風景でした。

s DSC 2715

 

11月になって、日中は暖かくてもさすがに夕方日が落ちてくると寒くなってきます。

主人は、先日収穫したそばを日中は干して乾燥させ、夕方は夜露にぬれないようにしまう作業を毎日していました。(大変!!)

s DSC 2679

 s DSC 2678

今日は、十分乾燥したそばの束を叩いて実を取り除く作業をしています。本当は唐箕(とうみ)(風力を起して穀物を 籾殻・玄米・塵などに選別するための農具)を使えば楽なんですが、とりあえずは人力で頑張りました。

s DSC 2682

作業後に眺める夕日も疲れを取ってくれますね。

s DSC 2684

先日、ご紹介していましたジャズのコンサートに行って来ました。演奏前に腹ごしらえです。御船町の有志の方たちのフードコートが沢山あり演奏会前に十分満足してしまいました。

s DSC 2687もちろん、コンサートは大盛況でした。舞台と客席が近いので臨場感あふれる演奏を満喫することが出来ました。

s DSC 2690

秋になると、気持ちが高揚してきます。いろんなイベントのお誘いがあるからです。

まず、11/17に吉無田高原で恒例のMTBフェスタがあります。草原を駆け抜ける自転車を見るのも楽しいですし、体験ゾーンもあります。

また、飲食ブースで食事をするのも良いですよ。お天気だったらなおさら楽しさ倍増です。

scan 7また、11/19(火)は、御船町にある「御船街なかギャラリー」でジャズのイベントがあります。ここは、1802年建築の大型町家で、『白壁の町』を今に残す県内でも最も古い部類の建物です。そこでお酒を飲みながらジャズを聴くことが出来るなんておしゃれですよね。秋の夜長を過ごすにはぴったりだと思いませんか。

scan 29最後に、これも恒例の「吉無田感謝祭」の連絡です。

お正月用のお餅を自分で杵で付いてみませんか?杵で付いたお餅はぞう煮にばっちりです。機械で作ったお餅と違って、デレーと伸びません。また、そば打ち体験で使用するそばは、以前紹介しました吉無田で栽培して収穫したそばです。この日もきっとしし鍋が準備されると思います。楽しみにお越しください。ご連絡をお待ちしています。

scan 28

いよいよ11月です。今年もあと2か月ですね。ずいぶん朝夕が肌寒くなりました。各棟には薪ストーブの準備をしています。11月の3連休は良いお天気で全棟ご予約でにぎわいました。初日の準備の後、母屋のテラスで小休止しました。来週お泊りされる方からケーキの注文があったので、御船町のおいしいケーキ屋さんへ出向いてお願いしてきました。ついでに自分用にケーキを買ってきてコーヒーブレイクを楽しみました。

sDSC 2540翌日曜日は、お店の開店です。友人が作ったランチがあまりにもおいしそうだったので、写真に撮りました。さすが管理栄養士さんです。このランチで780円!!

日曜日のみの限定ランチです。体にやさしい食材を使った食事をこの風景の中で食べると気分がレベルアップ(?)する気がします。

でも、申し訳ありませんが、来週11/10(日)は、お休みします。

sDSC 2545庭のもみじも色づいてきました。主人が遊心の敷地に沢山もみじを植えています。これから徐々に赤くなってくると思います。

sDSC 2541

sDSC 2547今日の夕日もきれいでした。高森から来られた友人とゆっくり見ていました。日が落ちると急に寒くなってきます。普賢岳の上空の雲がまるで噴煙みたいに見えます。

sDSC 2552

これから徐々に夜景がきれいに見えてきます。

sDSC 2563

 昨夜は吉無田自然親交会のメンバーで、いのしし肉の試食会をしました。近所の方から頂いたしし肉です。お泊りの方たちに出せるかどうか検討するために「しし鍋」をしてみました。もちろん焼き肉にも出来ます。しし肉というと臭いと思われていますが、全然そういうことはなくて、食肉店の説明によるとしし肉には、人の成長に欠かせない良質のタンパク質をはじめ、疲労回復や皮膚の健康、新陳代謝を促すビタミンB群等が豊富に含まれており、体に優しい健康的な食材だそうです。

 うんちくはこれくらいにして、しし鍋(味噌味でゴボウや白菜、大根、シイタケ入りです。)を食べてみました。あぶら部分は、コリコリしていて赤身は多少かたいところもありましたが概ね柔らかくておいしかったです。皆でこれならお泊りの方に提供できるという結論になりました。詳しい料金はこれから協議します。

ところで、前回建築中の建物の外観を載せていませんでした。青空に映える建物ですよ。

一階の部屋にはBBQテーブルも用意しました。

今朝、主人はむかごとりに張り切っていました。棒で揺らして傘で受ける方法です。沢山取れたので明日は、むかごごはんを作ります。

家の紅葉も今が見頃です。

駐車場上に建設中の建物(まだ名前が付いていません)にベランダが出来ました。手すりはまだですが・・・・屋上に上がる階段も出来上がりました。これにも手すりが必要です。

初めて屋上に上りました。あいにくお天気が悪かったので、景色は今一歩ですが、晴天であればきっと最高の景色だと思います。

先週の土曜日に、新聞で紹介があった「白水路」の見学ツアーに行ってきました。主催は「高森じかん」という体験型プログラムを作っているチームです。普段は入ることのできない隧道(ずいどう)散策なので、ヘルメットと長靴着用です。まるで洞窟探検みたいでした。この時だけ水を止めてくれていたのですが、腰をかがめて入ったり、時にはほふく前進みたいな恰好で進んだりと、まるで童心に帰った様で皆でキャーキャー言いながら楽しみました。ライトを照らすと、蝙蝠が飛んできたりもしました。

ツアーの最後は、水路を作った先人たちの碑を見学、その後昼食は、説明をしていただいた方のお家で田舎料理でした。煮しめや白和えなど普段私たちがなかなか作らないような料理です。とくに新米のおいしかったこと!!

デザート付です。

 ツアーの集合時間が遅かったので、近くを散策してみました。渓流での釣り場があり、スタッフの方の指導で魚釣りを楽しんでいるグループがありました。

今日の朝やけは綺麗でしたね。刻々と空の色が変るのをりゅうちゃんとみていました。最近は、散歩をするようになり早起きになりました。いつもは、夕日で感動していたのですが、朝からこういう景色をみるのもすがすがしくなっていいものですね。

昨日は雨でしたが、一昨日はきれいな夜景が見られました。主人が、今度できた「天空ハウス」へ行って、ベランダから写真を撮ってきました。有明海を挟んで、対岸の島原の町灯りもみえます。もちろん肉眼で見るほうがもっときれいでしたが・・・・

また、来週の14日(月)の夕方17時過ぎから、朝方6時過ぎまでスーパームーンを見ることが出来るそうです。
普段の満月よりも、最大14%も大きく見え、明るさも30%増しているということですが、肉眼ではわからないみたいです。でも大きな満月がみられたらと思うとたのしみですね。

10/29~11/4まで、英会話講座の「修学旅行」という名目で、カナダのトロントとナイアガラへ行ってきました。13時間飛行機に乗るのも体力がいるものですね。トロントの空港に降りたらもうへとへとでした。

機内食を何度も食べたのにホテルに着いたら、まず夕食だ--と、トロント最大のショッピングセンター「イートンセンター」へ・・・遅い時間なのにすごい賑わいでした。

翌日からは、自由行動なので、頑張って友人と二人で行動しました。まずは2007年頃までは世界一高いと言われた展望台です。昔から人気の高いトロントのシンボルの「CNタワー」に行きました。展望台からのトロント市街の景色は最高です。

次に向かったのはトロントでも最大級の1910年に建築されたとは思えない個人住宅です。カーサ・ロマといいます。この城はトロントの実業家で軍人であったサー・ヘンリー・ミル・ペラット氏が築城しましたが、後に破産し、この城を手放してしまったため、結局10数年ほどしかこの城に居住出来なかったと言われています。部屋数が90以上あると言われる凄い規模の建築物でした。日本語の音声ガイドがあったので十分楽しめました。

その後、スチームホイッスルビール工場でビールの試飲をしたり、ケンジントンマーケットやチャイナタウンも見学しました。また、路面電車や地下鉄、バスにもチャレンジして乗ってみました。もちろん片言の英語を駆使しての観光です。ボディランゲージがほとんどでしたが。他のメンバーは見事に英語を操っていました。もっと頑張らねばと反省しきりでした。トロントで3日間楽しんだ後は、一路ナイアガラへ・・・車で約1.5時間です。

ナイアガラの知識がなかったのですが、滝は2か所あって、手前がアメリカ滝、奥がカナダ滝というそうです。すごい迫力と音で圧倒されました。

また、船に乗るとその迫力が増大します。

カナダ側から乗る人は、赤いカッパで、アメリカ側からの人は青いカッパを着ています。カナダ滝の迫力は半端なくて全員ずぶぬれになってしまいます。

本当は、この時期紅葉が終わっているのですが、今年は暑かったせいかまだ見ることが出来ました。皆でラッキーと喜びました。

 午後からは、歩いて橋を渡りアメリカ側へ行きました。空港と同じように税関を通って行くんですよ。またまた緊張の連続です。両国の国旗があるところが国境です。

連日、ハンバーガーなどのパンばかりだったので、「Japanese udon]と書いてあったお店でうどんをたべました。友人はベジタブルうどん、わたしはシュリンプうどんと明記してあるものを注文しました。とにかくびっくりする味でした。ダシが利いていなくて、うどんなのにきゅうりとレタス、人参がトッピングしてありました。二人で「これはうどんじゃない」と叫びました。

囲炉裏ハウスに、一回り大きな薪ストーブを取り付けました。以前付けていたストーブは、展望ハウスに置くことにします。この大きなストーブだと十分な暖かさを感じることが出来ると思います。また、座卓も足をつけてイスに座れるようにしました。この年になると(私たちことですが)下に座ると「どっこいしょ!」とかけ声をかけないと立ち上がれませんので・・・

11月1日~4日まで、ハネムーン(?)で訪れた沖縄と久米島にフルムーン(?)で行って来ました。今回は、レンタカーを借りて島内を一周しながらのんびり出来ました。写真はのちほど・・・・

那覇からはプロペラ機で約30分。飛んだと思ったらすぐ降下です。なにしろタラップが五段しかない35名乗りの飛行機ですから・・・あいにく良いお天気ではなかったので青い海に大感激とは言えなかったです。毎晩、居酒屋で沖縄料理にどっぷりでした。久米島では交通量も少なく40kmの安全運転の走行です。セミがまだ鳴いているのにはびっくりでした。沖縄では、国際通りの賑わいに東南アジアにでもいる気分になりました。ここの居酒屋では琉球民謡を聴きながら、カチャーシー(琉球の手踊り)を踊ることが出来ました。ちょっと満足かな。。

今週月曜日は祝日でしたが、遊心はお休みです。勝手ですが、土日の営業になっています。で、お宿の方が帰られてからつれあいと南阿蘇方面へ出かけました。まず、ログハウス建設中からの知り合いのお店に行きました。そこは俵山トンネルを抜けて久木野温泉からほど近い場所にあります。なにしろハウスを作るのに数年かかられたので、見事な建物です。遊心と同じようにヤギもいます。こちらはシバヤギだそうです。

ランチは、マクロビをベースにした料理でした。ジャズが流れるゆったりした雰囲気の室内です。薪ストーブの炎もなごみますよ。

ログカフェかりん

電話0697-67-4616 住所:阿蘇郡南阿蘇村河陰2778

営業日:金、土、日、月

その後、高森の友人のお家に出かけました。テラスと展望台が完成したという情報を聞いたので・・・・

ここでも、お茶とお菓子でゆっくりした時間を過ごしました。お庭にはハーブがいっぱい植えてあります。展望台は、子供(大人?)の隠れ家みたいな遊び場です。夏になったらビアガーデンをしましょうと早速来年の話をしてきました。つれあいは、いい刺激を受けたみたいで、また新しい仕事が増えそうだなあとつぶやいていました。

暗くならないうちに、二人でヤギのハナちゃんのえさを取りながら帰りました。

先週3日の祝日に、兵庫から友人が遊びに来てくれました。まず、通潤橋に案内しました。ちょうどお昼時だったので放水を見ることが出来、友人たちも感激してくれました。

その後、阿蘇中岳に向かいました。噴火警戒レベル2の発表に伴い、阿蘇中岳火口から1キロメートル範囲の立ち入りが禁止され、火口見学ができませんでした。でも、噴煙のすごさは、遠くからでも眺めることが出来ました。

週末の日曜日は、朝から普賢岳が雲の上から見えました。久しぶりの景色につい写真をとりたくなりました。

頂上までくっきり見えたのは私にとっては初めてかも!!

「ホントに普賢岳かな?金峰山と間違えてないかな」と思ったほどでした。手前が金峰山です。

雲海もきれいに見えました。肉眼で見た景色がカメラに上手に収まらないのが残念です。

その後、霧のような雲のような風が吹いてきて、あっという間に真っ白な景色になってしまいました。

 

昨夜はすごく寒かったですね。夜7時頃に吉無田に帰ってきましたが、途中から雨が雪に変わってきました。遊心に近づき始めると、道路脇の木々にうっすら雪が積もっています。その後一時間ほどすると駐車場やベンチにも雪が積もり始めました。明日、道路は大丈夫かなあと心配になりました。

今朝は、すこし雪が溶け始めていて安心しました。明日、お泊まりのお客様にも見せたいですね。

展望ハウスのアプローチの雪景色です。

 

今朝の寒さは、真冬並みです。一昨日に主人が頑張って薪ストーブの煙突の掃除をしました。すすがコールタールみたいに煙突の内部に張り付いていて、大奮闘してきれいにしました。

おかげで昨日は気持ちよく燃えていました。

またこの寒さで、庭のもみじもきれいに色づき始めました。

 主人たちが計画していたイベントがやっとできあがりました。

11月23日(土)に吉無田高原を歩くツアーです。

気持ちのいい草原をゆっくり歩いてみませんか?

夕日が段々東の方に沈むようになりました。そのため囲炉裏ハウスからゆっくり眺められます。お客様が来られる前のチェックに来て、ベランダの椅子に座ってみていました。一人で見るのがもったいないような夕日でした。(結局、来られたのが遅かったので見ていただけませんでしたが・・・)

昨日は、久しぶりに妹と練り切りを作りました。多めに作って母たちに持っていこうと頑張りました。(もちろん手先の器用な妹が作ったのですが。。。)妹から「3時間も立ちずくめだったので、疲れたよ~」と言われてしまいました。