blogheader

次に国道442号を通り、「竹の熊の大ケヤキ」を探して南小国町へ行きました。竹の熊菅原神社境内にあるこのケヤキは、樹齢は約1000年と言われ、幹囲18m、樹高32mの大ケヤキです。看板を見てびっくりしました。昭和10年に国指定された天然記念物でした。熊本県人でも知らない人が多いでしょうね。

 DSC 5855

 その後、「鏡ガ池」へ。小国両神社の参道沿いの一番街から狭い路地に入ったところにある清冽な泉です。大きな欅の根元からはふつふつと水が湧き出しています。その昔、醍醐天皇の孫姫 小松女院が愛しい人との再会を願い、11人の侍女とともに鏡を投げ入れたと言われています

DSC 5858

 

この池を挟んで、近くに「けやき水源」がありました。樹齢1000年とも言われるケヤキの根元から湧水しており、平成23年にくまもと景観賞「水と緑の景観賞」に選ばれています。福運三社めぐりの一つとして、水源にある水神様には多くの観光客が訪れるそうです。

DSC 5859

 次に目指したのは、旧宮原線の橋梁です。国道387号を大分方面へ。岡本とうふ店近くにあります。訪ねていかないとわからない場所です。草を踏み分けて進んでいきました。

熊本県小国町の「肥後小国駅」と大分県九重町の九大本線「恵良駅」を結んでいた旧国鉄宮原線(廃線)で、廣平橋(ひろだいらはし)といいます。杖立川支流の峡川に昭和12年に架設された、長さ80m、径間7mのコンクリート造連続アーチ橋。谷間の新緑に佇む9連アーチが美しい国登録有形文化財です。やっと見つけたときは感動モノでした。

DSC 5866

最後にゆっくり温泉に入って帰ることにしました。岳の湯地獄谷温泉の裕花によりました。ずいぶん昔に娘と一緒いったところです。入口に蒸し窯がおいてあり、温泉につかっている間に出来上がるようになっています。残念ながら、材料を持って行ってなかったので眺めるだけでした。

DSC 5869

たまには、こういうドライブもいいですね。一日中運転してくれた主人に感謝です。

 

昨日の日曜日は、久しぶりにお泊りのお客様がなかったので、連休頑張った自分へのご褒美に主人と南小国方面へドライブに行きました。熊本もコロナの陽性者が増えています。なので、レストランなどに寄らないでいいようにおにぎりとお茶、果物を持って出かけました。まずは、今話題の新阿蘇大橋から見学です。

 DSC 5828

すごく高い場所にあり、橋の下に両側の駐車場に行ける通路も設けてあります。橋のそばには、新阿蘇大橋開通日にオープンした展望所もありました。熊本弁で「よく見えるな~」という意味の「ヨ・ミュール」と名前がついた展望所です。ここから立野峡谷を眼下に熊本平野を一望することができます。

この展望所は、2016年の熊本地震の際に南阿蘇村陽ノ丘仮設団地の集会施設「みんなの家」として利用されていた建物を後世に残すため、この場所に移築されたそうです。古い木と新しい木をうまく使ったおしゃれな建物に生まれ変わっています。

DSC 5830

主人は、この建物が気に入ったようで、今芝生を張っている展望広場に置く施設にいいなあといっぱい写真を撮っていました。どういう構想を考えているのかと思うと、私としては怖い気がします。

このドライブは、本業の会社で使う新しい名刺の題材を探す目的でもあります。なので、次は高森町にある上色見熊野座神社に向かいました。途中、らくだ山をいつも見ている月回り温泉からではなく反対の方向から見ました。ちょっと不思議な感じです。

DSC 5834

神社駐車場には、県外の車がたくさんありました。後で、調べてみるとアニメ「蛍火の杜へ」の舞台になった、アニメファンにとっての聖地だそうです。

DSC 5841二人老体に鞭打って上りました。周りにある杉がますます霊感新たな雰囲気をかもし出しています。

DSC 5840 1

神殿に掲げられている説明文をみると、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、石君大将軍(阿蘇山を創った神・健磐龍命〈たけいわたつのみこと〉の荒魂といわれる)が祀られているそうです。

ここからさらに上を目指しました。急な坂の途中には杖代わりの竹がたくさん置いてあります。神殿後方の穿戸岩(うげといわ)には、健磐竜命の従者鬼八法師が蹴破ったといわれる縦横10メートル以上の大風穴があります。主人に言わせると、外輪山を作っている火山灰や噴石(ふんせき)が固まった石だそうです。長年の風雨で洗堀したのだろうと言っていました。

「穿戸岩」は巨大な岩山を大きな風穴が貫いていることから、どんなに困難な目標でも必ず達成できる象徴として『合格・必勝』のご利益があると評判です。

DSC 5836

 〇DSC 2598

この後、国道265号を通り阿蘇市一の宮へ、阿蘇神社横を通過して(残念ながら今回は参拝せず、次回に持ち越しです)「やまなみハイウェイ」から瀬の本元高原に向かいました。草原の風景に似合う牛たちにも遭遇しました。

DSC 5845

次にトウモロコシ屋さんに立ち寄りました。なつかしい景色がみられます。ここには、数百本の木が動物などの形に剪定され草原の中を埋め尽くしている風景です。来るたびにバージョンアップしています。生でもたべられるトウモロコシを食べながらのしばしの休憩。

DSC 5849

 

 

 

若葉が出てきました。1か月前は木々には何もなかったのにあっという間に黄緑の葉でおおわれてきています。私が一番好きな時期です。

DSC 5694 1

 DSC 5756 主人は、3月4月の忙しい時期の合間に頑張ってヤギ小屋を完成しました。小屋は悠遊ハウスに行く途中にあります。

DSC 5811しばらくは、はなちゃんたちも餌に困りませんね。

DSC 5809

 展望広場の芝刈りも頑張ってくれました。以前の芝の横に新しい芝も植えて一段と広い場所になりました。

DSC 5806

 その芝生の横に一段高い場所があります。そこに石積みをしていましたが、階段を製作中です。

DSC 5784

 3段完成しました。

DSC 5799

 怒涛の連休が終わりました。毎日掃除洗濯に追われてのんびりする時間がありませんでしたが、昨日りゅうちゃんを連れて展望広場に夕日を見に行きました。この夕陽を見ると日頃の疲れが吹き飛ぶ気がします。

DSC 5808

ところで、満天ハウスの広場にブランコとシーソーができました。ブランコは他に和風ハウス前と木立ハウスの後ろに設置しています。子供たちに利用してもらいたいです。

DSC 5791 

 

 

 

 

満天ハウス横のタイニーハウスの土台ができあがりました。昨日は、KKTの「テレビタ」の取材がありました。国武林業さん達グループの活動の一環としてこの建物の計画がテレビに出たわけです。少しですが、主人も出ました。計画に参加した動機とかを説明していました。家屋が出来たらまた取材に来るそうです。

s DSC 3694

s DSC 3698

今日は、ピケも組んでありました。

s DSC 3770

いよいよ建屋の準備が始まりますね。

s DSC 3774

今、主人が頑張っているのは、芝生広場から下って悠遊ハウス横に出る道を整備することです。よくもまあ、こんな大きな木材を並べたなあと感心してしまいます。

s DSC 3759

s DSC 3760

芝生広場にも高台があります。ここをどうするかは今研究中(?)です。もちろん、この階段も主人の手作りです。

s DSC 3762

s DSC 3761

写真からでは余りよくわかりませんが、ここからの夜景は最高です。

s DSC 3753

今日は、あまりの天気に外出せずにはいられませんでした。ひさしぶりに小国方面へ出かけました。以前、テレビに出ていたおそばを食べようと昼過ぎに到着しましたが、びっくりするくらい人が待っていました。ほとんど福岡ナンバーの車でした。待つことが嫌いな主人は、別のお店を探そうとやはりおそばやさんに向かいましたが、そこはお休みでした。次に向かったのが「岡本豆腐店」。ここで豆腐定食を頂きました。できたてのお豆腐や厚揚げはおいしかったですよ。醤油やゆず胡椒、ゆず酢を付けていただく方法は初体験です。家でもやってみようと思いました。

s DSC 3718

室内もソーシャルディスタンスを守っていてテーブルをひとつ置きに空けてありました。

s DSC 3715

ざる豆腐、焼き揚げ、豆乳、みそ汁、惣菜などお豆腐だらけの定食です。

s DSC 3717

つぎにせっかく小国まで来たのだからと涌蓋山(わいたさん)を眺められるはげの湯に入ってきました。お風呂からもよく見えます。

s DSC 3720

熱くもなく、ぬるくもなく本当にいいお湯でした。やはり日本人はお風呂でストレス解消ですよね。

s DSC 3727

帰る途中の草原からも涌蓋山(わいたさん)がよく見えます。牧草地らしく刈り取った草原とのコントラストがきれいです。

s DSC 3730

よく通る道路脇にツゲで動物の形に刈り取ったところがあります。しばらく行かない間にすごくバージョンアップしていました。こんな風景を見ると圧巻ですよね。

s DSC 3732

s DSC 3735

s DSC 3736阿蘇五岳はいつもは高森方面から見ているので反対から見るのは久しぶりです。田植えが終わった水田も色とりどりできれいでした。本当は日差しがあればもっときれいなんでしょうね。

s DSC 3744

先日紹介した芝生広場が徐々に完成しつつあります。芝生植えはプロにお任せして主人は、ひたすら水撒きに徹していました。

sDSC 36466

プロの方たちは、まるで線でも弾いてあるようにまっすぐ敷き詰めていきます。

sDSC 36488

sDSC 36522

sDSC 36711

この芝がそだって緑色のじゅうたんになったら寝ころんで夜空を眺めることにします。でも今日は本当に気持ちいい景色が広がっています。

 

一昨日整地をしていた場所に野芝を張りはじめました。ずいぶん広い敷地になったので一日では終わりそうにありません。

sDSC 3653

sDSC 3645

ここから見える有明海と普賢岳は、いつも見ている景色よりうんと近くに見えてきます。遊心にお泊りされるお客様は、散歩がてらここまで来られるときっと感動していただけると思います。ついついたくさん写真を撮りたくなります。

sDSC 3649

sDSC 3660

ところで、近所に柴犬を飼っていらっしゃる区長さんがいます。今朝は、りゅうちゃんとの初顔合わせに来てくれました。もちろん雌犬です。体は小さいですが、りゅうちゃんの方がビビッて吠えながら後ずさりしていました。仲良くなってくれたらいいのですが・・・

sDSC 3636

 

この連休は、憎らしいけどいいお天気でしたね。不要不急の外出は控えてと言われていましたが、私たちは、遊心でやることが多くて外出する暇(?)がありませんでした。この時期、主人は、相変わらず朝早くから遊心周辺の仕事に没頭していました。散歩がてら探していたら、今整地している場所で作業中でした。話しかけたらこれからの構想を延々と熱弁してくれました(ー_ー)!!

sDSC 3622

もやっていますが、ここから普賢岳が一望できます。

sDSC 3623

お昼前に主人が「鳥が落ちているぞ」と声をかけてきました。あわてて悠遊ハウスに行くと庭に小鳥がいました。巣から落ちたようです。鳥かごに入れようかとも思いましたが、親が探しているかなと考えてそのままにしていたらいつの間にかいなくなりました。親鳥が見つけてくれたのでしょう。よかったよかった!! パソコンで名前を探してみたら「ガビチョウ」によく似ていました。

sDSC 3619お昼を食べたら次の作業再開です。悠遊ハウスの奥に遊歩道を作っていて、そこから集めた小枝をチップにしています。

sDSC 3627このチップは遊歩道にまいて雑草予防にするそうです。

sDSC 3626

今日の日中は、30℃近くありました。ヤギのゆきちゃんは風が良く通るところがわかるのか高い場所でご満悦です。

sDSC 3630

ヤギ小屋から母屋に行く道は、緑の木々で森林浴が出来ます。この季節だけの贅沢を感じます。

sDSC 3631

sDSC 3632

日の出が早くなりました。りゅうちゃんは私たちが起きたのがわかるのか、散歩に行こうと吠えはじめます。5時半ごろから散歩に行くのですが、途中の道路沿いの木々が緑色になりつい鼻歌が出てくるほど気持ちいいです。

sDSC 3597

もみじは、紅葉の頃ではなく今の時期が青もみじと言って京都の方では人気があるそうです。

sDSC 3599

野の花もいろいろ見られて名前はわからないのですが、ついつい写真に撮りたくなります。

sDSC 3590

これはアザミです。これぐらいはわかります!!

sDSC 3592

ブルーベリーの花も今が見ごろです。

sDSC 3593

レンゲ畑もきれいですよ。

sDSC 3595

りゅうちゃんは、散歩している時に急に気になるところがあるのか一生懸命リードを引っ張って行ってしまおうとします。イノシシのにおいがするのでしょうか?散歩するのも体力がいります。

sDSC 3601

遊心の奥の土地を整地し始めました。重機を使って野芝を植えやすくしているところです。芝が生えそろったらここからの景色が遊心の敷地の中で最高の眺めになると思います。

sDSC 3604

新しい宿泊棟がもうすぐオープンします。お電話でも問い合わせがありますが、イメージがわかないと思いますので写真を載せてみました。この棟の名前は「悠遊ハウス」です。ゆっくりのんびり過ごしてほしいと思い名づけました。

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

まずは、外観です。庭にテラスを設けました。もちろん、母屋に面したベランダもありますが・・・ソファーも設置しました。ゆっくり外の景色を楽しんでほしいです。

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

次にリビング。対面キッチンです。

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

広いリビングでしょう!大きい窓からの景色は最高です。

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

この棟には個室が3部屋あります。大勢で来て楽しむことが出来ますね。

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

また、吉無田高原にマウンティンバイクを楽しみに来られる方も増えました。そのために自転車置きも用意しています。

貸別荘遊心「悠遊ハウス」

春めいてきたと思ったら、市内の桜の花も散り終わりです。吉無田はまだまだ桜見学はできます。

春のフットパスのちらしが出来上がりましたのでまずはこの情報から・・・

4月の終わりの開催なので、わらびなどの山菜が沢山取れると思います。私も楽しみです。

 

春のフットパス

5月の連休が終わってホッとしていたら、梅雨入りしましたね。遊心の庭の山アジサイにも花が咲き始めています。

ゆきちゃんたちもサークルの中だけでは退屈だろうと思って主人と散歩に連れ出しました。途中、餌ばかり食べて、全然お散歩とはいきません!!

いいお天気だったので、朝食をベランダで取りました。朝から作ったカレーです。鳥の声を聞きながら食べました。

外の景色を眺めていると、普賢岳の景観がクヌギの葉で見通しが悪くなっていることがわかりました。そこで、梯子を出してその枝を切ってもらうことにしました。見ているだけで怖いです。

おかげでベランダからの景色が良くなりました。

今年も無事に連休を乗り切りました。おかげさまで全棟ご予約があり、毎日あたり一面焼き肉の香りでおなかが一杯になりました(!?)

お掃除の合間を縫って、近くの蜩窯の窯開きに行って来ました。イベントでコンサートや鍋敷き作りの体験もありました。

ひのきと楠の木は紙ヤスリで磨くといい香りがします。

お昼は、蜩窯の名物の石釜ピザと思ったのですが、なにしろ1時間半待ちとのことだったので焼きカレーにしました。チーズがのっていておいしかったですよ。

その翌日は、朝早くから阿蘇へ向かいました。草千里ではあまりの寒さに(6℃)にびっくりでした。

久しぶりの米塚は新緑の景色が最高です。やはり阿蘇の風景には癒されますね。もちろん吉無田からの景色が一番ですが・・・・

それにもまして吉無田からの夕日も最高ですよ。

御船の町中でバラ園を開放されているお宅に伺いました。いろんな種類のバラが咲き誇っていました。いつまで見てても見飽きません。

 

ハナちゃんの家を拡大して、自由に庭と行き来できるようにしました。本当は渡り廊下(?)を造る予定ですが、とりあえずの主人の製作です。

久しぶりの人参に大喜びのハナちゃんです。ところで、ユキちゃんとその子供たちは元の飼い主のもとに帰っていきました。今はハナちゃんだけです。でもおなかが大きいみたいで7月頃赤ちゃんが生まれるんじゃないかと思っています。

3月に新しく近くの別荘を買いました。今、主人が周辺を整備中です。ベランダは古くて壊れていたので新しく作ってもらいました。ここもいずれ貸出する予定です。これから屋根と壁、柱を塗りなおしてもらいます。内部もきれいになってからお見せしますね。

木々に囲まれているので『木立(こだち)ハウス』と名前を付ける予定です。

夏には木陰のベランダでのんびり出来そうです。

 

あっという間に5月が終わろうとしています。遊心周辺の緑が鮮やかになってきました。連休中に息子が子供にキャンプ体験をさせたいと連れてきました。残念ながら夕方到着したときには寝てしまっていて結局家の中で休むことになりました。でも朝から少しテントで遊んでいましたが・・・

主人は最近、早朝より自転車に乗っています。ヒザの痛み解消だそうです。もちろんその後は通常の作業をします。孫から頑張ってと声援を受けて坂道をフーフー言いながら登っています。

ところで、先日の天ぷら会の材料がわかりました。

タラの芽、うど、こしあぶら、花いかだ、ごんずい、木いちごの新芽、すいば、わらびです。来年の吉無田フットパスに登場すると思います。お楽しみに!!

連休に入りました。貸別荘の遊心は3棟とも満室です。せっかく来られたので、吉無田の良さをわかってもらえたらうれしいです。日々周辺の緑が多く、濃くなってきています。また今日は風も強く普賢岳が良く見えています。

アプローチに咲いているシャカの花がきれいです。

 

3月末にフットパスをしましたが、今年は寒かったせいか山菜があまり出ていませんでした。なので、その反省(?)をふまえ吉無田親交会のメンバーで来年に備え山菜天ぷら会をしました。初めて食べる食材です。詳しい人がいないと食べれないものばかりでした。今回は女性陣は食べる人、男性陣は揚げる人です。あれを揚げてこれを揚げてと指示してはアツアツをいただきました。

食材の名称は後程・・・

ところで、モモちゃんの赤ちゃんが生まれました。4/8誕生です。でも、母親がお乳をあげないので会社に連れて行きミルクで育てています。社員さんにはご迷惑でしょうが・・・でも、皆から癒されるなあと言ってもらえています。

1か月近くになると草を食べる練習をするみたいです。口に入れてはくちゃくちゃし始めました。いつもお世話してくれる彼女が江津湖を散歩させているとウォーキングされている方からびっくりして声をかけたり、写真を撮られたりしているそうです。人気者ですね。

早いものでもう5月になりますね。

遅くなりましたが前月の16日(日)に吉無田高原でマウンテンバイクの大会がありました。九州各県から集まってこられてにぎやかな大会でした。

大人から子供まで見事な自転車の妙技を見せてくれました。お天気も良く、今回「愛郷吉無田」のメンバーが出店もしました。早い段階で売り切れするお店が出て大盛況でした。主人たち化石ボランティアのグルーブは恐竜釣堀を出していました。サプライズで恐竜もお目見えしましたよ。

 

 

天空ハウスの進捗状況です。まずはベランダから作る作業だそうです。本当に宙に浮いているようでしょう。母屋の下から外に向けて大きな木材で支えるそうです。

今日は、その大木の上に材木が乗っていました。その上に鉄板を載せてタイルを敷くそうです。管理されている K さんが「ベランダに載ってみた?」と聞いてきましたが、まだ怖くてそこまですることは出来ません。手すりが出来たら乗ることにします。

来週6月1日に棟上げです。斜面なのでさすがに餅投げは無理ですね。梅雨に向けて棟梁たちが頑張ってくれています。

 

なかなか余震が終わりません。前震からもう1か月になります。震度1以上が1400回以上になるそうです。昨日は、普賢岳がきれいに見えました。友人が来てこの景色を見ると癒されるねえと言ってくれます。あんな震災があったのに遊心からみる風景はいつもと変わりません。震災に遭われた方が通常の生活に早く戻れるようにとこの景色を見ながら祈りました。

遊心も6月よりお泊りが出来ます。2棟とも安全を確認しました。道路も補修が終わり安心してお出でいただけます。

子ヤギもずいぶん大きくなりました。でも人参はまだ上手に食べることが出来ませんが・・・

今日は、3月にお泊りされた方が食器を沢山持って来てくれました。囲炉裏ハウスの食器が全部割れてしまったことが『遊心だより』に書いてあったからだそうです。本当に沢山なので、次に建てる「天空ハウス」にも利用させてもらうことにします。ありがとうございます。